デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

テレワーク/リモートワークでのおすすめパソコンは?

2020年05月10日
テレワーク/リモートワーク
テレワーク/リモートワークで使用するパソコンの選び方は?テレワークで使用するツールの動作条件をクリアしていればどれでも大丈夫です。テレワークパソコンの選び方に関する記事を掲載しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

テレワークでのおすすめPCは?

image-01989PC_convert_20200510225056.jpg

Officeが入っており、CPUがCorei5以上であればどれでもOK。

パソコンのスペックは様々で探し始めるとキリがありません。パソコン選びで失敗しないポイントはパソコンで何をするのか?したいのか?を基準に探して行くのが良いでしょう。

テレワーク/リモートワークであれば、PCスペックはOfficeが動くものであれば問題ありません。
つまり、最初からOfficeが入っているPCであれば、テレワーク/リモートワークの動作条件もクリアしているPCスペックであるケースが多いです。

Officeが最初から入っているPCは、もちろんOfficeが動作するスペック(CPU1.6GHz2コア)以上になっており、CPUはCore i3からになってきます。メモリは容量が多いに越したことはありませんが4GBでも問題ありません。

テレワーク/リモートワークで使用するツールはどれもPC動作条件は低く、Core i3以上からで問題なく動作、ブラウジングでのやりとりは、データの送受信をするデータ量とネット環境に依存するものです。

ストレージに関しては容量より起動の速さに特化したSSDが主流となっており、仮に容量が必要となれば外付けのポータブルHDDやUSBフラッシュメモリを使うことでカバーできます。

あらかじめ「Office Home&Business」が動作するスペックで組まれているパソコンであれば、テレワーク/リモートワークで使用するツールのほとんどは動作すると考えてよいでしょう。(プリグラミングなどの専門職は別)

なので、通常のテレワーク/リモートワークで使用するパソコンは「Office入りパソコン」+「セキュリティソフト」があれば快適に機能します。

お店でもよく見かけるASUSのViviBookシリーズ。価格・スペックと安定のオフィス用ノートPCです。

ASUS ノートパソコン VivoBook 15 (Ryzen・ 7 3700U / 8GB・SSD 512GB / 15.6インチ / FHD(1920 × 1080) / トランスペアレントシルバー / WPS Office Standard Edition【日本正規代理店品】X512DA-BQ1136T/A



・違いがわかるノートパソコンの選び方ポイント

・テレワーク(在宅勤務)/オンライン授業をはじめる準備と必要な設定手順・リスト

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
都内在住のサリーマンです。
スマホ・IT関連などのお役立ち情報をブログにて紹介しています。