デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

パソコンのファイルを削除しても消えない場合

2024年03月26日
パソコン・IT機器トラブル関連
【Windows 11】パソコン上のファイルの削除しても消えない・ごみ箱に移動しない対処方法 (メモ程度)

・2024/03/26
ファイル(フォルダ)を削除しても消えないトラブルの解消ケースをいくつかを追記しました。

ファイルやフォルダを削除しても消えない

==Windowsを再起動後、ファイル削除する。==

システムが、削除したいファイルやフォルダを使用していて削除やファイル操作が出来ない場合があります。

Windows を一度、再起動して下さい。その後、ファイルの削除を試してみて下さい。

● Windowsを再起動することでトラブルが解消される理由は以下の理由が考えられます。

 ・他のプログラムによるファイルの使用
 ・メモリ使用状態のリセット
 ・システムキャッシュのクリア

複数のアプリケーションの同時使用や負荷の大きなアプリケーションの長時間の使用、データ量の大きなファイル操作を行った際、遭遇する可能性がある不具合やエラーです。

これらのトラブルはWindowsの再起動で解消されることが多いため、遭遇した際は一度、Windowsを再起動してみてください。


=== [最新の情報に更新する]を実行する。===

▽[手順]
1. デスクトップの何もないところを右クリック
2. [最新の情報に更新する] をクリック

上記の手順でデスクトップ上の情報が最新の情報に更新されます。

また、フォルダ内の情報を最新の情報に更新する場合は、フォルダ内の何もない所を右クリックで[最新の情報に更新する]が表示されます。

削除するファイルのデータ量の大きい場合、削除が完了するまでに時間が掛かり、ごみ箱に移動後もデスクトップやフォルダ内にファイルアイコンが残っている状況が稀に発生したりします。

[最新の情報に更新]後、ごみ箱にファイルが移動しているかチェックしてみてください。


== 実行中のプログラムやファイルを閉じる ==

タスクマネージャーを起動、対象ファイルに関連している起動中のアプリがあれば、アプリを終了(タスクを終了)する。

その後、対象ファイルの削除や操作を実行してみる。

稀にファイル保存した際、アプリケーションに何らかの不具合やエラーが発生した場合、[応答なし]状態に陥り、正常にファイル操作が出来ないケースがあります。
一度、タスクマネージャーから起動中のアプリの状態をチェックしてみてください。

▽タスクマネージャーの開き方
1. [スタート]を右クリック
2. 項目一覧からタスクマネージャーを選択

関連記事:
【警告】「タスクマネージャーは応答していません」が表示される・原因は?

=「操作を完了できません」が表示される場合=

ファイルの削除、または閉じようした場合、

「ファイルは開かれているため、操作を完了できません」

と、いった警告文が表示されるケースがあります。

▽[手順]
画面下のタスクバーから起動しているアプリを選択し、起動中のアプリを正常に終了してからファイルの削除や移動を実行する。

ファイルがすでに他のアプリで開かれている状態である場合、他の異なるアプリで編集、移動、削除を実行すればファイル破損や致命的なエラーに繋がります。

それらのトラブルを事前に防ぐための警告になります。一旦、起動中のアプリを正常終了し、ファイル操作を実行してみてください。


= コマンドプロンプトからファイルを強制削除 =

最初に対象のフォルダやファイルのパスキーを取得します。

ファイルパスは、ファイルやフォルダをShiftキーを押しながら右クリックして「パスのコピー」を選択することで取得できます。

次にスタートキーを押して[CMD]を入力、エンターキーを押します。

コマンドプロンプトが起動します。

 ・指定のファイルを削除したい場合
  del <ファイルパス> を入力し、実行。

 ・指定のフォルダを削除したい場合
  rmdir <ファイルパス> を入力し、実行。

上記のの手順でコマンドプロンプトで指定したファイルが削除されます。

注意:強制削除するファイルに間違いがないか、十分注意して下さい。
システムに関連している重要なファイルだと、削除後、OSに致命的な不具合を招くことがあります。


= ショートカットキーでファイルを完全削除 =

対象のファイルを選択して、

[shift]+[delete]キーを押すとごみ箱を経由せずにファイルを削除することができます。

ごみ箱を経由せずにダイレクトにファイルを削除するので、こちらもファイル削除の際、十分注意して下さい。

== 実行中のプログラムやファイルを閉じる ==

タスクマネージャーを起動、対象ファイルに関連している起動中のアプリがあればアプリを終了(タスクを終了)する。

その後、対象ファイルの削除や操作を実行してみる。

稀にファイル保存した際、アプリケーションに何らかの不具合やエラーが発生した場合、[応答なし]状態に陥り、正常にファイル操作が出来ないケースがあります。
一度、タスクマネージャーから起動中のアプリの状態をチェックしてみてください。

関連記事:
【警告】「削除されたファイルはどの場所からでも削除されます」が表示される・原因

【Windows 11】見つからないファイルを探すときの便利な簡単手順

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。