デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【クレカなし】格安スマホ・銀行口座振替でも申し込みOKなMVNO事業者

2019年07月29日
格安スマホ・WiFiあれこれ
クレジットカードなしで申し込みができる格安スマホ・格安シム事業者を掲載しています。銀行口座振替での申し込みフローや、また銀行口座振替に対応している格安シム事業者を簡単にまとめています。
「口座振替で格安シムを申し込みしたい」を検討中の方は、是非参考にチェックしてみてください。

クレカなしで申し込める格安スマホ

■申し込みにどうしてクレカが必要なのか?

最近では店頭で申し込みができる格安スマホも増え、銀行口座決済の選択も可能になりましたが、基本的に格安シム(mvno)の申し込みは、web上のみで申し込みがほとんどです。大半の料金の支払い方法は、システム上、クレカ決済が基本となっています。

本人確認書類+クレジットカード

が、必要となります。

クレカ以外の支払い方法は選べないの?

格安シム事業者が、厳選されますがクレジットカード以外の支払い方法、コンビニ決済や口座振替も選ぶことが可能です。

店舗のみでの受付になりますが、
YmobileやUQmobileなどは、店頭(ショップ)で申し込みをすれば、銀行口座振替も選択できます。
※web上の申し込みではクレカのみです。

■書類と電話での申し込み

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは、申し込み完了まで時間はかかりますが、口座振替が選べます。
OCNカスタマーズフロントに連絡⇒届いた書類を記入⇒登録完了後シムが郵送されてくる仕組みです。

>>OCNカスタマーズフロント公式


■ウエブ上での申し込み可

楽天モバイル

口座振替では「端末セット」での申し込みは不可となりますが、シムカードのみの申し込みなら口座振替でも申し込みが可能です。
web上で選択できます。
対応している金融機関も多いので、こちらの指定口座で申し込むことができます。
※手数料に毎月100円(税抜)が発生します。

他にも、web上の申し込みでBIGLOBEモバイルやmineoといった格安事業者も口座振替に対応しています。

BIGLOBEモバイル

マイネオ(mineo)

口座振替での申し込み注意点は?

端末セット申し込みが不可・時間が掛かる・手数料が発生する・など申し込みあたり色々と制限があるのですが、一番の注意点は、

申し込み審査が厳しい

が、難点となってきます。

審査基準不明ですが、他社の滞納、支払いの滞り履歴、各社の申し込み審査基準など詳細審査が入ることが予想されます。

申し込みはしてみたが審査が通らないケースがあります。

事業者側からすればクレジットカード会社を通すことで料金の回収は確実なので、信用という点で
クレジットカード+免許書
での申し込みが一番望ましいところでしょう。

まとめ

格安スマホ・シムの申し込みはweb上での申し込みがほとんです。
支払い方法が特に気にならない方であれば、本人確認書類+クレジットカードが手軽なのですが、
「クレジットカードを持っていない」・「どうしても銀行で」という方であれば、店頭(ショップ)でのみ口座振替設定可能な、YmobileUQmobile、が手続きがスムーズに進むかと思います。

web上申し込みでは、何社かあるのですが楽天モバイルがおすすめです。
申し込み手続き手順がわかりやすくサービス品質もサポートも安定してるMVNO事業者です。

楽天モバイルは超お得!

楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!




あわせて読みたい

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
都内在住のサリーマンです。
スマホ・IT関連などのお役立ち情報をブログにて紹介しています。