デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

インターネット一時ファイルとは?削除しても大丈夫?

2022年11月03日
パソコン・IT機器トラブル関連
【Windows】 ディスクのクリーンアップの際、項目に表示される「インターネット一時ファイル」に関する記事を掲載しています。

インターネット一時ファイルは削除しても大丈夫ですか?

インターネット一時ファイルは削除(消去)しても大丈夫です。

インターネット一時ファイル(キャッシュ)は元々、期間が過ぎると自動的に削除されるファイルが大半です。
インターネット一時ファイルを削除したことでシステムエラーやアプリの不具合に遭遇する可能性は極めて低いです。

また、一時ファイルを削除しても「お気に入り」や「ブックマーク」には影響ありません。

インターネット一時ファイルの削除方法は?

インターネット一時ファイル(キャッシュ)はディスクのクリーンアップで削除することができます。

ディスクのクリーンアップ手順
1. [設定]をクリック
2. [システム]をクリック
3. [記憶域]をクリック
4. [ストレージセンサー]のスイッチをオン
5. [ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行]をクリック
6. [今すぐクリーンアップ]、または「今すぐストレージセンサーを実行する」をクリック

上記の手順後、しばらく待ちます。
[今すぐクリーンアップ]の隣に緑色のチェックマークが付けばクリーンアップ完了です。

また、ストレージセンサーの設定から一時ファイルを自動削除する期間の選択も行えます。

※[設定]は画面左下のスタートメニュー内の[歯車]のアイコンです。

関連記事:
【パソコン】ハードディスクがいっぱいになってきた。空き容量の作り方

インターネット一時ファイルとは

インターネット閲覧で一度、表示したWeb情報はパソコン内のローカルディスク一時的に保存されます。
次回、同Webページにアクセスする際、パソコン内にキャッシュ情報(一時情報)があるため表示速度が早くなります。

[インターネット一時ファイル]は、 C:\WINDOWS\Temp に保存されています。

エクスプローラー>PC>Windows(C:)>Winsows>Temp

また、Windowsの検索欄に「%WinDir%\Temp」を入力してもTempフォルダにアクセスできます。

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。