デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【パソコン】ハードディスクがいっぱいになってきた。空き容量の作り方

2022年08月25日
パソコン・IT機器トラブル関連
【Windows11】ハードディスクの空き容量が少なくなってきた際の空き容量の作り方・手順の紹介です。

ハードディスクがいっぱいになったら

PC内の不要なファイルデータの削除、アプリのアンインストール、ハードディスクのクリーンアップで空き容量を確保することができます。

ハードディスクの容量圧迫はWindowsの動作が遅くなる、アプリなどの動作が不安定になる、最悪故障などの原因にもなってきます。

不要なデータやプログラムある場合、ファイルの削除(消去)やアンインストールを行ってハードディスク内に空き容量を確保しておくの良さそうです。

ファイル(フォルダ)の削除
削除したいファイル(フォルダ)を右クリック>[削除]をクリック

この時点では、ごみ箱にファイルは残っています。ごみ箱のアイコンを右クリック>[ごみ箱を空にする]をクリックで完全にファイルは削除されます。

不要なアプリのアンインストール手順
1. スタートをクリック
2. Windowsシステムツール
3. コントロールパネル
4. プログラムのアンインストール
5. プログラム一覧からアンインストールしたいプラグラムを右クリック
6. [アンインストール]、または[アンイントールと変更]をクリック
7. 画面の指示に従ってアンイントールを行ってください。

上記の手順でプログラムのアンインストールは完了です。

ディスクのクリーンアップ手順
1. [スタート]を右クリック
2. [エクスプローラー]をクリック
3. [PC]を選択
4. [ローカルディスク(C)]をダブルクリック
5. 画面右上「…」をクリック
6. [クリーンアップ]をクリック
7. [削除するファイル]にチェックを入れます。
8. [OK]をクリック

上記の手順でディスクのクリーンアップは完了です。削除されたデータによってローカルディスクに空き容量が確保されます。

関連記事:
パソコンが重い!遅い!の原因と簡単な対処方法

削除しても空き容量は少なく限定的な場合

外付けハードディスクやUSBメモリなどの外部ストレージやメディアを利用することで容量を確保することができます。

パソコン内に必要なデータが多く、削除(消去)できるデータが少ない場合、外付けのハードディスク、DVDメディア、USBメモリなどにデータをコピーしてパソコン内のデータを削除することでハードディスクに空き容量を確保できます。

関連記事:
【Windows 10】空き容量が足りないを解消・不要なファイルを自動削除する機能


気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。