デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。での対応手順

2019年06月04日
ライフblog
グーグルアドセンスより【要注意】「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」とメニュー画面上部に通知が出現しました。対応は意外と簡単です。Fc2ブログに関する「ads.txt」ファイルの対応手順をパッとまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

7119-02.png

グーグルアドセンスを利用していると突如、アドセンスホームの通知に
「ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」
が表示されました。
何のこっちゃかわからないままダラダラ調べていると、

広告配信を停止するとか!?

これは対応しなくてはっ!

そもそも「ads.txt」とは何?

Adsensが認定しているサイト運営者を通してのみ販売されるように、ads.txtファイルを作成し、運営者IDを記載し、Adsensにルートドメインに設置するファイル。
つまりこれによって偽者の広告枠に流出する収益を守れるとのことです。

無料ブログが主に対象となっておりFC2ブログをはじめ、Seesaaブログ、A8.netブログ、So-netなどがそれです。
私が使っているブログの中で該当するのが、SeesaaブログとFCブログで特にFCブログに関しては軌道にようやく乗りだしているのでなんどか「ads.txt」を攻略したいところです。
(Seesaaブログは重いのとサービス運営側の広告が邪魔なのでもういい感じです。)

さっそくFC2ブログのads.txt対処方をgoogleで調べていると案外簡単に対策方法がネットで紹介されており、そんなに難しい事ではないことが判明。

FC2ブログの対策手順

⇒管理ページから「環境設定」
⇒上部のバー「ブログ設定」の中に「ads.txtの設定」
⇒「ads.txtの設定」で「ads.text」を使用するに変更
⇒ボックス内にサイト運営者固有ID
(google.com, ********* ,DIRECT ,*********)
を入力して「更新」

以上です。
結構、アッサリと終わります。

※サイト運営者IDの確認方法は、
グーグルアドセンスにログインして左上の「メニュー」のアカウント。
アカウントの中にあるアカウント情報でサイト運営者IDが確認できます。


他の無料ブログでの対処方法は使ったことがないのでわかりませんが、「ads.tex」に関してググっていたところ、いろいろ紹介しているブログもあったので何かしらのやり方が用意されています。

次の日、グーグルアドセンスのメニュー上部に出現していた【要注意】のお知らせが消えていたので対策完了です。

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
都内在住のサリーマンです。
スマホ・IT関連などのお役立ち情報をブログにて紹介しています。