デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【iPad Pro 2021】M1チップ搭載で具体的に何ができるようになるの?

2021年04月21日
パソコン・IT機器トラブル関連
【iPad Pro 2021】のM1チップ搭載で何が変わるか?かんたんに記事に掲載しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

M1チップ搭載でパワフルになった!パフォーマンス向上!具体的には?

IMG_1573_convert_20210421234155.jpg

M1チップ(高性能CPU)搭載によって飛躍的に処理速度が速くなります。

負荷の大きい(重たい)アプリの動作、画像処理や動画処理、データの読み込み、保存速度、ファイルの変換(エンコード)の処理時間など、全体的パフォーマンスに影響し、高速かつ滑らかな動作、処理時間の短縮、マルチタスクでの負荷の軽減などに期待できます。

新iPad Proは従来のiPad Proと比べCPUパフォーマンス(速さ)が最大50%向上、グラフィック性能も40%向上とのことです。

高速通信となる5Gもサポートされ、RAM(内部メモリ)は最大16GB、ストレージは最大2TB、大容量のデータを快適に扱うにも優れたスペックのiPadとなっています。

個人的にブラウザソフトやブラウザアプリなどで作業する際、変換処理やファイルのダウンロードにもこの「快適さ」は影響するのか気になるところです。

新iPad Proの発売日は2021年5月下旬予定とのことのです。

・iPad Pro-Apple

関連記事

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。