デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【Windows 11】操作しないときのスリープ状態までの時間を変えたい

2022年03月18日
Windows 11関連
一定時間、パソコン操作をしない場合、画面が暗くなりWindowsはスリープ状態になります。スリープ状態になるまでの時間や設定を変更したい場合の操作手順です。

パソコン操作しないときのスリープまでの時間を変更するには?

スリープまでの時間設定は[システム]にある[電源&バッテリー]から変更可能です。

設定・手順 ①[設定]をクリック
②[システム]をクリック
③[電源&バッテリー]をクリック
④[画面とスリープ]をクリック
⑤[次の時間が経過した後に~]をクリックして好みの時間を設定

上記の手順でパソコンを操作しないときのスリープ状態になるまでの時間を設定できます。

画面が暗くなるスリープとは?

スリープ機能がオフになっていない限り、通常、Windowsは一定時間操作しないと自動でディスプレイの電源がオフになり消えるよう設定されています。

スリープ機能はプライバシー、セキュリティ、バッテリーの電源節約に影響します。

特にノートパソコンでの外出先での作業の場合、席を外すときやバッテリー駆動による長時間作業などの際、役立ちます。

電源ボタンでのスリープ状態を変更したい

電源ボタンを押した際の動作は[電源オプション]、または[バッテリー駆動]より変更できます。

電源ボタンの設定・手順 ①[コントロールパネル]をクリック
②[ハードウェアとサウンド]をクリック
③[電源オプション]をクリック
④[電源ボタンの動作を変更]をクリック
⑤[スリープ状態]、[休止状態]、[シャットダウン]のいずれかを任意に選択します。

上記の手順で電源ボタンを押したときの動作を変更することができます。

関連記事:
【Windows 11】ノートパソコンを開いたとき電源が勝手に入るをオフにする・やり方

ノートパソコンを閉じたときの動作を変更するには

ノートパソコンのカバーを閉じた際の動作変更は、[ハードウェアとサウンド]の[電源オプション]から設定変更を行うことができます。

カバーを閉じたときの動作変更 ①[コントールパネル]をクリック
②[ハードウェアとサウンド]をクリック
③[電源オプション]をクリック
④[電源ボタンの動作を変更]をクリック
⑤[カバーを閉じたときの動作]をクリック
⑥[何もしない]、[スリープ状態]、[休止状態]、[シャットダウン]から選択して設定できます。

上記の手順でノートパソコンの「カバーを閉じたときの動作」を変更することができます。

関連記事:
【Windows 11】スリープ(休止状態)の解除と停止する設定方法

【Windows 11】シャットダウンしない。パソコンの電源を押して切るのは?

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。