デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【Windows 11】パソコンにインターネットのケーブルを挿す穴がない場合

2022年03月16日
Windows 11関連
Windowsノートパソコンにインターネットのケーブルを挿す穴(LANポート)がない場合の対処方法の紹介です。

インターネットのケーブル(LAN)を挿す穴がない

USBから変換するLANアダプタを使ってLANケーブルを挿してください。また、WiFiルーターを使ってインターネットにWiFi(無線)接続することも可能です。

現在ではWiFi接続が主流となっており、店頭などで販売されているノートPCの大半は無線子機は搭載されているものの、LANケーブルを挿す穴(LANポート)がありません。

基本的にはパソコンも含め、スマホやゲーム機なども手軽にインターネット接続できるWiFiルーターがおすすめです。

どうしてもケーブル接続が必要な場合、USBポートから変換できるUSB変換LANアダプタを使用してください。

エレコム 有線LANアダプター USB-A USB2.0 ブラック EDC-FUA2-B



Amazonの商品ページはこちら(¥1,277~)


Windows 8.1以降では、ドライバーをインストールすることなく、USBポートに接続するだけで使用可能。


USB変換LANアダプタを選ぶ際の注意点

製品によってはセットアップドライバのダウンロードが必要なものがあります。その場合、セットアップ時にWiFi環境が必要になります。

また、WiFi環境のない状況でのセットアップとして、セットアップ用のCD-ROMが付属されている製品もあります。その場合、パソコンにCD-ROMドライブが必要となります。

「USB変換LANアダプタ」を選ぶ際は性能より、セットアップにダウンロードやCD-ROMの読み込みが不要で挿すだけで使えるものがおすすめです。

Windows 11のセットアップ時には?

LANポートが搭載されていないノートPCではWiFi環境でWindows 11のセットアップを完了してからUSB変換LANアダプタの設定を行ってください。

■WiFi環境がない場合
・スマホのデザリングでWindowsの初期設定を完了させる
・WiFiが使える環境(職場、カフェなど)で初期設定を完了させる

などで、Windows 11の初期設定だけ何とか完了してください。

Windows 11の初期設定(セットアップ)が完了すれば、USB変換LANアダプタを挿すだけでWindowsの標準ドライバが認識しいてLANアダプタが使用できるようになります。

関連記事:
スマホのデザリングとは?使い方・接続方法

最近のPC環境 インターネット⇒有線からWiFi(無線)
CD-ROM⇒ファイルはダウンロード
ファイルデータ⇒データの保存はクラウド
メール⇒SNS、または共有サービスの利用

などなど、最近のパソコンはこんな感じに変化している様子です。より便利になって行きますが、トラブルに遭遇した際の解決方法も複雑で困難になっていく印象ですね。

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。