デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

【Windows 11】10日以内、10日以上、11から10に戻す方法・手順

2021年11月15日
パソコン・IT機器トラブル関連
「ダウングレード」11にアップグレード後、10日以内の場合

10日以内であれば標準機能で11から簡単に10に戻せます。

Windows 11から10に戻す手順(10日以内) ①タスクバーの[スタート]をクリック
②[設定]をクリック
③[システム]>[回復]をクリック
④[復元]をクリック
⑤「アップデートをチェックしますか?」
⑥[行わない]を選択
⑦「Windows 10に復元」を選択

Windows 11にアップグレード後10日以内であれば上記の手順で簡単に10に戻すことができます。

Windows 11にアップグレード、10日以上経過してから10に戻すには?

以前のバックアップからWindows 10のイメージを書き戻します(復元)。

以前のWindows 10のバックアップ(外付けHDD)と起動用USBメモリーが既に作成できいることが前提になります。

アップグレード後、10日以上経過してWindows 10に戻す際、以下の条件が整っている必要があります。

①市販のバックアップソフトやフリーソフトなどを使用してWindows 10の内臓ストレージが外付けHDDバックアップされている
②データが消えてもOKなUSBメモリーに起動用のブータブルディスクの作成ができている

※11で作成した個人データは「ユーザー」フォルダにあるので、必要であれば外付けHDDにコピーして退避させておく必要があります。

10への書きこ戻し(復元)作業に関しては10のバックアップで使用した同様のバックアップアプリ、ソフトが必要になります。
作業の手順は使用したバックアップアプリ、ソフトなどでそれぞれ異なります。(ソフトによっては対応していない)

基本的はバックアップソフト内でコピー元を確認、復元先のストレージを選択、実行、再起動後、起動用USBメモリーを指定が主な流れです。

注意:「〇〇に失敗しました。」のエラーが表示され、Windowsが起動しなくなったといったトラブルもこの作業で遭遇するケースが多々あります。

Windows 10へのダウングレード作業を行う際、バックアップで使用したソフトの詳細やサポートを注意深くチェックしてから実行した方が良さそうです。

binary-g613744ef5_640.jpg

Windows 10を再インストールすることで戻す方法

パソコンの内部ストレージのデータは出荷時になりますが、Windows 10を再インストールすることで、11から10に戻すこともできます。

OneDriveにバックアップがあればWindows 10を再インストールした後で、バックアップを復元すれば(デスクトップ、ドキュメント、画像フォルダなど)元の状態に戻ります。

最初にマイクロソフトの公式サポートよりWindows 10のインストールメディアを作成します。

Windows 10のインストールメディアの作成には8GB以上のUSBメモリが必要になります。データが消えても良い8GB以上のUSBメモリを用意してください。

Windows 10インストールメディアの作成・インストール手順

One Driveの詳細

OSの再インストールや必要なアプリケーションのインストールなど、時間が多少掛かります。また、OneDriveに対応しないアプリケーション内のデータなど、バックアップが他にない場合、完全に元の状態には戻らないので注意していください。

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。