デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

ブルースクリーンで停止コード DPC_WATCHDOG_VIOLATIONが表示・対処方法

2024年01月09日
Windows 11関連
【Windows 11】 突然、画面がブルースクリーン、停止コード DPC_WATCHDOG_VIOLATIONが表示される場合の対処方法の紹介です。

エラーコード DPC_WATCHDOG_VIOLATIONとは?

ハードウェアのドライバーやアプリケーションが一定時間応答しなくなったときに発生するエラーコード(停止コード)です。しばらくするとWindowsが自動で再起動するか、またはフリーズするケースです。Windows 8以降のバージョンでよく見られるとのことです。

DPC_WATCHDOG_VIOLATION エラーコード(停止コード)の原因は様々で、対処方法、解決方法も様々にあります。

解消できる可能性が高い対処方法をいくつか紹介します。

DPC_WATCHDOG_VIOLATIONの原因と解消方法

ハードウェアとシステムとの互換性がない

外付けHHD(SSD)やマウス、カメラなどが対応していない、または正常に認識していない場合、上記のエラーコードが表示されるケースがあります。

➡接続している周辺機器を全て取り外してみる。ブルースクリーン(エラーコード)が表示されない場合は原因は接続している周辺機器にあります。個々に接続してみて原因の周辺機器を特定してください。

➡接続している周辺機器のドライバーが正常にインストールされているか確認してみる。異常がある場合はドライバーを一度、削除(アンインストール)して再度インストールし直してみる。

ドライバーの確認は[デバイスマネージャー]から確認できます。
[スタートボタン] を右クリック> [デバイスマネジャー] を選択。デバイス一覧が表示され、デバイスをクリックするとドライバが確認できます。[!] マークや[?] マークが付いている場合、何らかの異常があると見てよいでしょう。更新、または再インストールを行ってみてください。

ハードウェアの接続不良

外付けHHD(SSD)やマウス、カメラなどの周辺機器が正しく接続されていない、または接続ケーブルの異常によって上記のエラーコードが表示されるケースがあります。

➡周辺機器の接続をチェックしてみてください。または、接続ケーブルを交換してみてください。

ドライバーが高速スタートアップやスリープモードに対応していない

インストールされているドライバーがシステムの高速スタートアップ、またはスリープモードに対応していない場合、上記のエラーに遭遇するケースがあります。機能を無効にするか、またはドライバーを最新のものに更新することで解消されるケースがあります。

➡高速スタートアップを無効にしてみる
高速スタートアップを無効にする手順は、[コントロールパネル]>[電源オプション]>シャットダウン設定[高速スタートアップを有効にする]のチェックを外す。

➡スリープモードを無効にしてみる
スリープモードを無効にする手順は、[コントロールパネル]>[電源オプション]>電源プランの設定変更でスリープを[なし]にします。

➡ドライバーを最新のものに更新する
原因のドライバーが特定されている場合に限りますが、デバイスマネージャーからドライバーを最新のバージョンに更新します。

ソフトウェア間で競合がある

複数のプログラム(ソフトウェア)が同時にデータやリソースにアクセスしようとして、予期しない結果やエラーを引き起こすトラブルです。

➡使用しているソフトウェア、アプリケーションにアップデートがある場合アップデートする。
使用しているソフトウェアが原因である場合、アップデートすることで不具合やエラーが解消されるケースがあります。

➡間近にインストールしたソフトウェア(アプリ)がある場合、一時停止、またはアンインストールしてみる。
最近、ソフトウェアをインストールしてからブルースクリーンエラーが発生するようになった場合、間近インストールしたソフトウェアが原因である可能性が高いです。
正しくインストールされていない場合なども含め、一度、アンインストールしてから再インストールし直してみてください。

※プログラムのアンインストールは[コントロールパネル]から実行できます。

➡セキュリティソフトを一時停止にしてみる。またはアップデートしてみる。
ハードディスクのスキャン時にドライバーの競合の問題が起きてDPC_WATCHDOG_VIOLATIONのエラーが発生するケースがあります。
セキュリティソフトを一時停止してエラーコードが発生しない場合、セキュリティソフトの何らかの問題である可能性が高いです。アップデート、もしくは再インストールを試してみてください。

ディスク内のシステムファイルが破損している

ディスク内のシステムファイルが破損している場合、パソコンの動作が不安定になるか、ブルースクリーン(エラーコード)が頻繁に発生するようになります。

➡ディスクのエラーチェックを行い、エラーがある場合、修復する。

ディスクエラーのチェック・手順
1. [エクスプローラー]
2. ディスクの[プロパティ]を右クリック
3. [ツール]>[チェック]を選択
4. [ドライブのスキャン]をクリック
5. エラーが見つかった場合、[ドライブの修復]グ

ドライブのスキャンからの修復はファイルシステムのエラー修復までです。不良セクタのスキャンと修復はできません。

不良セクタのスキャンと修復を行う場合は、コマンドプロンプトから実行することができます。但し、データの消失リスクが伴うため、ここではおすすめしません。最悪、システム自体が回復しないケースに陥ることもあるので注意。

システムの回復

Windowsの[システムの回復]と言う、機能を使ってパソコンを以前の状態に戻します。ブルースクリーンのエラーが発生しだす以前の状態にシステムを戻すことで不具合、エラーなど解消することができます。

➡システムの回復を行う

システム回復手順
1. [スタートボタン]を右クリック
2. [システム]を選択
3. [システム保護]をクリック
4. [システムの復元]をクリック
5. [別の復元ポイント]を選択する
6. [完了]をクリック

上記の手順でシステムの回復が開始されます。システムの回復が完了してからブルースクリーンエラーが発生しないのなら、指定した日付以降のインストールしたソフトウェア、または接続した周辺機器(ドライバなど)が原因であった可能性が高いです。

Windowsを最新バージョンにアップデートする

➡WindowsのOSのバージョンアップに余地がある場合、最新バージョンにアップデートしてください。アップデートすることで、ブルースクリーンのエラーに限らず、様々な不具合やエラーが解消されるケースがあります。

SSDのファームウェアが旧バージョン

SSD内部のソフトウェアを最新のものに書き換えるこことで安定性の向上や不具合、エラーなどが修正されることがあります。

➡SSDのメーカー、またはノートPCメーカーの公式サポートから、使用しているSSDの更新ツールをダウンロードする(更新ツールがある場合のみ)
SSDのバージョンがDPC_WATCHDOG_VIOLATIONエラーの原因だと特定するは難しいかと思います。一度、メーカー公式サポートページなどで、DPC_WATCHDOG_VIOLATION関連の情報があるかチェックしてみるのが良いかもしれません。

BIOSの不具合

BIOSのアップデートを行うことで、パソコンの基本的な制御プログラムが最新のもの書き換えられます。これによって、既存の不具合、エラーなどが修正されることがあります。

➡メーカーの公式サイトからBIOSの更新ツールをダウンロードする。(更新ツールがある場合のみ)
SSDのファームウェアのバージョンと同様にBIOSの不具合が原因だと特定するが難しいです。BIOSのアップデート余地がある場合は、DPC_WATCHDOG_VIOLATIONに関わらずアップデートをしてみるのが良さそうです。

また、BIOSの更新ツール、更新プログラムはパソコンのメーカー、モデルによって異なります。必ずアップデート前にメーカー公式サイト、公式サポートなどをチェックしてください。

ハードウェアが故障している

ハードウェア、またはパソコン本体の故障が原因である場合、メーカーサポート、修理サポートに相談してみてください。

上記で紹介したブルースクリーン停止コード DPC_WATCHDOG_VIOLATION の原因と対処法はごく一部で、DPC_WATCHDOG_VIOLATIONに関しては、原因が他にも多々あり、対象方法も多岐にわたります。原因を絞り込んで特定できれば、具体的な解決までの時間も短縮されるのですが、厄介なエラーコードですね。

DPC_WATCHDOG_VIOLATIONが表示されるようになったきっかけが重要かと。話を聞く中では、新たなソフトウェアやセキュリティソフトをインストールしてからがトリガーになっているケースが多い感じです。

周辺機器あたりでは、ドライバー破損より、バンドルソフトとの競合などやバンドルソフトバージョン(旧バージョン)が原因だったりするケースもあり、ソフトウェアのバージョンアップで解消されるケースもありました。

関連記事:
Windows 11のアップデート後に遭遇する不具合・回避策と解消方法

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。