デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

ワイモバイルSIMでAndroidのAPN設定ができない・このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません

2021年04月12日
iPhone・スマホトラブル・関連
SIMロック解除したAndroid端末でAPN設定ができない「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」が表示される解消方法に関する記事を掲載しています。

APN設定の項目を入力する前にチェックすること

APNの設定画面に「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」が表示されている

この場合、SIMカードをAndroid端末が認識していないのでAPN設定は保存、完了できません。

SIMロック解除されていてもそのステータスが何らかの原因で端末システムに反映されておらず、SIMロックがまだ掛かっている状態になっています。

APNの設定画面で「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」が表示されている場合、上記の原因が濃厚です。

「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」を解消する

SIMロック解除が済んでも「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」は一部のAndroid端末で発生することがあります。

このトラブルはSIMステータスを更新することで解消できます。

Android端末によって表示のされ方は異なりますが、作業の流れは同じです。

・SIMステータスの更新・かんたん手順

①ロック解除した端末をWi-Fi接続します
②「設定」⇒「端末情報」または「デバイス情報」
③「SIMカードのステータス」または「SIMカード状態」または「SIMカードの状態」
④「SIMステータスを更新」または「SIMカードの状態を更新」をタップ
⑤自動で再起動がかかりステータスが更新されます。再起動がかからない場合は画面に表示されている「SIMカード設定ファイル」をダウンロード後、自動で再起動

上記の手順でSIMロック解除のステータスが更新されSIMを認識します。

APN設定の画面に表示されていた「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」も解消され、APNの入力設定と保存が出来るようになっています。

ワイモバイルのAndroid APN設定を入力し保存してください。

他に問題がなければこれでAPN設定は完了し、ネットワーク設定が利用できます。

・ワイモバイル回線の通信設定をする(ワイモバイルのAPN設定)

Android端末によって表示が異なるなるので一応、「MCC」=国番号、「MNC」=事業者番号の表示です。ワイモバイルなら「440」と「20」になっています。

これでも問題が解消されない場合は、

・ワイモバイルへの乗り換え手続きは完了しているか?
・端末のシムロック解除は本当に完了しているか?
・動作確認の取れているAndroid端末か?
・Android OSのバージョンは対応しているか?
・乗り換えたSIMカードのバージョンはあっているか?

を確認してみるのが良さそうです。

今回はワイモバイルSIMを例に掲載しましたがAPN設定のトラブルは他の格安SIM事業者でも「SIMステータスの更新」で解消されるケースがあります。

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。