デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

iPadが反応しすぎて使いにくい場合の対処・設定

2021年05月17日
iPhone・スマホトラブル・関連
iPadのタッチ反応が速すぎて操作しづらい場合

設定にある「アクセシビリティ」の「タッチ」から反応調整ができます。

タッチ調整の設定手順 ①ホーム画面から「設定」タップ
②「アクセシビリティ」をタップ
③「タッチ」>「タッチ調整」をタップ

上記の手順でipadのスクリーンをタッチした際の「保持継続時間」を調整できます。

触覚タッチの設定手順 ①ホームから「設定」をタップ
②「アクセシビリティ」をタップ
③「タッチ」>「触覚タッチ」をタップ
④「速い」/「遅い」を選択

上記の手順で押さえるジェスチャから反応までの時間を調整できます。

スクリーンタッチの反応が早すぎて操作し辛い場合など、使いやすいように調整してみてください。

また、逆にiPadの反応が悪い・遅い場合もタッチを調整することで解消されるケースがあります。

iPadが反応しない・固まる場合の対処

iPadが反応しない・固まるトラブルには様々な原因がありますが、一時的なメモリ不足による処理落ちが多いかと。

バックグラウンドで起動している多数のアプリや何十個と開き過ぎているタブなどがデバイスに負荷を掛け処理速度を落としている可能性が考えられます。

1.Safalriのタブを全て閉じる
2.起動しているタスクをすべて閉じる
3.iPadを再起動する
4.iPadを強制再起動する

1.Safalriのタブを全て閉じる

タブを一括して閉じる手順 ①Safariをタップ
②Safariの右上「□」をロングタップ
③「○個のタブ閉じる」(赤文字)で表示されるのでタップ

上記の手順でiPadで開いているタブを一括で全て閉じることができます。iPadを再起動してみてください。

2.起動しているタスクをすべて閉じる

タスクをすぺて閉じる手順 ①画面下から上へスワイプ
②スワイプの途中で指を止める
③Appスイッチャーが表示される
④起動しているアプリをスワイプして全て消してください。

上記の手順でバックグラウンドで起動しているアプリを全て閉じることができます。iPadを再起動してみてください。

3.iPadの再起動

iPadの再起動方法 ①ボリュームボタンとトップボタンを同時に長押し
②電源オフのスライダが表示されたらスライドさせて電源をオフ
③電源が切れたらトップボタンをリンゴマークが表示されるまで長押し

上記の手順でiPadの再起動は完了です。

4.iPadの強制再起動(ホームボタン非搭載)

iPadの強制再起動 ①「音量上げるボタン」を押してすぐ放す
②「音量下げるボタン」を押してすぐ放す
③サイドのトップボタンをiPadが再起動するまで押し続けます。

リンゴマークが表示されて起動したら再起動は完了です。

これらの手順でiPadの動作が改善・解消されない場合はデバイスの故障の可能性もあるので一度、アップルサポートに問い合わせてみるのが良さそうです。

IMEI(製造番号)を聞かれるのでメモしておくとスムーズに進みます。IMEIは設定の一般>情報の項目に表示されています。またはパッケージの裏です。

関連記事

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。