デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

ビデオ会議で画面がいきなり画面が真っ黒になる

2020年11月23日
パソコン・IT機器トラブル関連
Zoomでビデオ会議を行っている際、急に画面が真っ黒になり固まる場合の原因と解消方法の紹介です。気になる方は是非チェックしてみてください。

ネットワーク(Wi-Fi)の接続エラー

・速度が低速
・Wi-Fiが不安定
・複数のデバイスでWi-Fi接続


特に多いのは複数のデバイスでのWi-Fi接続かと。

複数接続に対応しているWi-Fiルーターでも接続されているデバイスの数が増えると実質速度は下がります。

十分に安定した接続と速度が得られるネットワーク環境では問題ありませんが、自宅などで割り当てギリギリの状況でスマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機、ネットTVなどを同時接続した場合、Zoomの画面が固まって復旧しない場合があります。

使用していないWi-Fi機器は全て接続をオフラインにすることで解消するケースがあります。

パソコンのスペックが厳しい

CPUやメモリがソフトの負荷を処理しきれずにフリーズ

使用していない不要なアプリは全て閉じ、裏で起動している常駐アプリも一時停止、パソコンの負荷を可能な限り軽減してみましょう。

Zoomのクライアントアプリ(PC版Zoomのこと)のバージョンが古い

複数でオンラインミーティングを行う際、Zoomのバージョンが相違していることで発生する不具合やバグがあります。

再起動すると一旦は解消されますが、しばらくすると再びブラックアウトすることが多いです。この場合、Zoomクライアントアプリのバージョンアップを行うことで解消されます。

・Zoomのバージョン確認・アップデートかんたん手順

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。