デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

iOS14にアップデートしたら パスコードを要求される対処方法

2020年11月05日
iPhone・スマホトラブル・関連
「iOS 14にアップデートしたら設定していないパスコードを要求される」に関する対処方法の紹介です。気になる方は是非チェックしてみてください。

アップデート後にパスコードを要求される

apple-1867461_960_720-0903290_convert_20201105015626.jpg

設定したパスコード(4桁もしくは6桁)のパスコードを入力してください。

iOS14にアップデート後、セキュリティが働き再起動後にパスコードを要求されることがあります。

・Face IDやTouch IDが5回続けて認識されなかった場合
・「設定」で「Touch IDとパスコード」の設定を変更する際
・アップデート後、また通常にiPhoneを再起動した際
・Face IDやTouch IDがを使用している場合での再起動

など、iPhoneのパスコードが要求されるタイミングはいくつかあります。

iPhoneにパスコードを設定した覚えがない?

iPhoneにパスコードを設定した覚えがない場合、iOSの不具合でもない限り再起動後、iPhoneがパスコードを要求してくることはありません。

パスコードではなく、Touch IDやFace IDを普段使用してロック解除を行っていた場合は、必ずパスコードを設定しているはずです。

Touch IDやFace IDを設定する際、パスコードと合わせて設定するため何かしらのパスコードを設定しています。

また、ロック解除のオン/オフを設定する際にもパスコードを設定しているはずです。4桁もしくは6桁の心当たりのある数字です。

それならパスコードは忘れてしまった!

パソコンから「iTunes」を通して「リカバリーモード」で復元(初期化)できます。

リカバリーモードでの復元にはロックが掛かっているPhoneで使用していた「アップルID」と「パスワード」を必要となります。

また、リカバリーモードでの復元は、ほぼ強制リセットなのでiPhoneの中のデータは残念ながら完全に消去されます。

iPhone のパスコードを忘れた場合や iPhone を使用できない場合
-公式サイト

アップデート後の再起動でパスコードが要求される場合、iPhoneの再起動やパスコード初期値○○○○などで解消されることはないようです。

拾われて他人にそんなに簡単にロック解除できればパスコードのセキュリティの意味がないですから、盗難防止のセキュリティだと考えれば当然ですね。

関連記事

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。