デジタクル
scrapbit

PC周辺機器・IT関連・お役立ち情報を掲載

パソコンのタスクバーのアイコン下の線は何の意味?

2020年10月29日
パソコン・IT機器トラブル関連
Windows 10のタスクバーのアイコンの下に表示されている「線」に関する記事を掲載しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

タスクバーのアイコン下の線は何?

question-1262378_960_720-090290_convert_20201029145051.jpg

現在利用している(アクティブ)アプリのことです。

Windows 10の画面下のタスクバーには様々なアイコンが表示されています。

右側が主にシステムや状態を示すアイコンとなり、中央がマルチタスクで起動しているソフトウェア(ブラウザなど)やアプリです。

あわせて読みたい アプリのアイコン下に表示されている線は現在動作中であることを示しています。「下線」+「点灯」しているアイコンは動作中であり、現在操作中のアプリであることを表しています。

「セキュイティソフト」や「メールソフト」など、常駐動作されているか、タスクバーのアイコンから状態確認できるため、いちいちアプリを起動してチェックする必要がなくなる分便利です。

また、タスクバーのアイコンを右クリックすることでアプリの「プロパティ」や「詳細設定」などに直結して入れるので個別のアプリ設定も楽になります。

知ってなくて良さそうさ情報ですが、フルスクリーンでしか動作しないソフトを使用する場合、マルチタスクの作業は、ショートカットキーとタスクバーのみが頼りです。
関連記事

気に入ったらシェア!

scrapbit
この記事を書いた人: scrapbit
パソコン/スマホに関するトラブルの解消方法を簡単にブログにて紹介しています。